合格者の声

2019年度 TEAM CORE 合格実績
3月25日現在 

「国公立大学」
都留文科大学 文学部 
九州工業大学 情報工学部
九州大学 法学部

「私立大学」
同志社大学 社会学部
立命館大学 経済学部
京都産業大学 経営学部
近畿大学 経営学部・産業理工学部
九州産業大学 建築都市工学部
国際医療福祉大学 福岡薬学部
西南学院大学 国際文化学部
西南学院大学 経済学部
福岡工業大 情報工学部
帝京大学 福岡医療技術学部
崇城大学 薬学部
APU立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 九州大学 法学部

2019年度塾生

福岡市少人数予備校 大学受験専門塾CORE

九州大学 法学部

私はこの度、九州大学法学部後期日程でなんとか合格を勝ち取ることができました。ここまでの道程はCOREの先生方の助力なしには有り得ませんでした。そのことについて少しでも参考になればと思い筆を執った次第です。

英語について
英語では秋に入る前にまず基礎固め、特に私の苦手な細かい文法知識などを覚えやすい語呂合わせや世間話を交えて定着させてくださいました。私が基礎をなかなか克服出来なかった要因として「高三にもなって今更こんなこと恥ずかしくて聞けない」というのが大きかったのですが、COREはほとんど個人指導に近く、分からないことがあればその場で質問できるのがとても有り難かったです。こちらの疑問点に合わせて授業の流れを修正してでもとことん付き合ってくれるのはCOREならではの強みだと思いました。英作文の添削なども学校の先生は他の生徒の対応にも忙しくノートのやり取りで精一杯でしたが、COREの先生は提出した添削に目の前で赤線を引いて指導してくださり、自分の英作の悪癖や使いやすい表現などを非常に分かりやすく学ぶことが出来ました。また私の第一志望校の過去問をわざわざ取り寄せてくださったりなどとても個人的な対応までしてもらえたのも嬉しかったです。

数学について
数学もまた得意分野と苦手分野の差が激しく、特に図形や三角関数、二次関数などの頻出分野が苦手であることが私の数学に大きな影を落としていました。COREの数学はプリントを使った授業が主になるのですが、英語や社会と違って自力ではなかなか勉強しづらい数学ではこのプリントに大きく助けられたと思います。数学が苦手な生徒にとってはあるあるだと思うのですが、私は少し考えて分からない問題があるとすぐに答えを見てしまう癖がありました。COREの先生は分からないと訴えると小さなヒントを与えてくださり、あくまで自分の力で解けるように導いてくださいます。また英語と同様、例えばlogの変換方式や三角形の重心・垂心・内心・外心など学校では今更恥ずかしくて聞けない基本的な知識でも質問できる空気がとても有り難かったです。先生に頼めば自分の苦手分野だけをまとめたプリントも作ってくださいますし、私一人しか志望していない大学の数学問題の対策も熱心にしてくださいました。

とにかくCOREは個人的な疑問に質の高い返答をいただけることが最大の利点だと思います。私自身本当にお世話になりました。これまでありがとうございました。