大学受験専門塾CORE(コア)では、大学受験の莫大な出題量を効率の良い学習計画を立て合格をサポート。

高校生・高卒生のための塾 大学専門塾COREお問合せフォーム
CORE(コア)の理念 受験は情報戦

「CORE」の理念

塾長 阿南良治
「大学全入時代」と言われるようになってから10年あまりが経とうとしています。大学間で学生獲得のための厳しい競争が行われていますが、「難関大学」の合格基準は、以前とほとんど変化がありません。さらに、「ゆとり教育の見直し」や「センター試験の廃止」「グローバル化による英語重視」など、大学入試を取り巻く環境が一変しようとしています。このスピードに飲み込まれることなく、最終的に将来の『夢』を実現できる環境を提供したいとの思いから、私たちは「CORE」を起ち上げました。現在、高校生活・受験生活に不安を抱えている人は、ぜひ「CORE」の門を叩いてみてください。塾長 阿南良治

受験は情報戦

努力に勝るものはありません。しかしながら、大学受験に関しては、その莫大な出題量を考えると、効率の良い学習計画を立てる必要があります。特に受験本番まで限られた日数しかない人は、教科ごとに受験問題に精通したプロと学習計画を立てて、頻出の分野から勉強を進めていくことが得策です。また、志望校によってどの教科に力を入れて勉強をするかを推敲することは絶対に必要です。「九州大学 工学部」の受験を例に挙げて考察してみましょう。
センター(450点) 二次個別(700点)
国 語 100
数 学 100 250
物理・科学 100 250
外 国 語 100 200
社 会 50

※上記は「九州大学 工学部」の教科ごとの配点です。

国語は、現代文100点、古文25点、漢文25点になります。この配点を見れば、どの教科に力を入れなければならないかは、一目瞭然だと思います。もちろん国語・社会もしっかりと得点できることが理想ですが、英語・数学・理科で失点することは致命的になります。二次試験に対応できるまでの学力をつけなければなりません。

「CORE」は超少人数指導!

「CORE」は超少人数指導!
現役生に関して言えば、一般的に、高校現場で理科の教科書がすべて終了するのは夏頃のはずです。「数学ⅢC」についても同じ時期に終了する高校が多いのではないでしょうか。履修内容を全て終えてから、受験勉強に対応していくのはかなり厳しいということがご理解いただけると思います。常日頃から受験に対応できる勉強を心がける必要があります。COREでは塾生の志望校に合わせた学習計画を一緒に立てていくことが可能です。

「CORE」の求める塾生像

以下の悩みを持っている高校生・受験生は、「CORE」のシステムで満足を得ることができると思います。

  • 定期テストでは結果を出せるが、模試や過去問で点数を取ることができない。
  • 同じ目標を持ったライバルと競い合いながら勉強したい。
  • 勉強をする意欲はあるが、何をして良いか分からない。
  • 高校・予備校の授業についていけない。
  • 高校・予備校の授業が簡単すぎる。

ロゴについて

「CORE」ロゴ
保護者の方よりCOREのロゴを考えていただきました。
ご厚意を無にしないよう、ロゴを見れば当塾を思い出してくれるような地域の皆さまから愛される塾運営に努めて参ります。
【ロゴの色について】
黄色は記憶力を高める、青は集中力を高める、赤は勝利を意味します。
大学受験専門塾CORE
↑ページのトップへ